いつかの記憶

何気ない出来事や気に入ったものなどについて適当に。現在就職活動中

三連休

こんばんは。

 

本日は証明書と履歴書を取りに大学へ行きましたが、三連休であるため職員がいませんでした。いつもは祝日でも講義があるくらいだから、まぁやってるだろうと高をくくっていたのですが、予想が外れてしまいました。

 

仕方がないのでしばらく人がいない建物特有の静寂を堪能して帰りました。本来賑やかなはずの場所が静かであるという何とも言えない感覚にとらわれ、結構な時間足を止めてしまったため、時間を無駄にした気がします。

尤も、人生自体時間の無駄のような気も、無駄な時間はないような気もするため、その時間の価値について言及すること自体が無駄です。結局その時間の価値なんて見る面によって変わってくるものなのだと思います。

 

今日も雨が降っていたので、また雨の曲を貼ります。作曲者であるSerenoさんのことはよく知りませんが、この人の作る曲は好きです。

それでは。

 

www.youtube.com

 

梅雨

こんばんは。

 

今年は梅雨が異常に長く感じます。

一週間くらい前には確かに夏が始まる兆しがあったように思えたのですが、最近はずっと雨か曇りで涼しい日が続いています。快適といえば快適なのですが、出かける度に傘を差さなければならないため、正直面倒です。場所を取るし、差しても結局膝から下やカバンが濡れるんですよね。しかも私の通る道路はやたらと風が強く、吹いてくる方向も不規則なため風の猛攻に耐えきれず傘が大破することがあるので極力傘は使いたくありません。盗難のリスクがあるのも嫌なところです。傘を盗る人は本当に何食わぬ顔で持っていきますからね、まるで自分の傘であるかのように。

 

また愚痴ばかりを書いてしまいました。私には、対象の良くない所ばかりを取り上げて話に組み込む悪い癖があります。おそらく暑くても、涼しくても、寒くても、暖かくても文句を垂れることでしょう。ジメジメした梅雨と私は似た者同士なのかもしれません。

 

最後に、『言の葉の庭』の主題歌である『Rain』という歌を貼っておきます。この動画のサムネイルは好きじゃないのですが、代替動画が見つかりませんでした。背に腹は代えられません。ちなみに『言の葉の庭』というのはアニメ映画で、新海誠監督の作品の一つです。この人の作品で有名なのは『君の名は。』『天気の子』あたりの最近のやつだと思います。ちなみに私は『秒速5センチメートル』が一番好きです。

それでは。

 

www.youtube.com

暑すぎ

こんばんは。

 

ただの愚痴ですが、暑すぎです。

最近雨が多いせいもあって、ジメジメした気持ちの悪い暑さが続いています。何をするにも必要以上に体力を奪われるのに、食欲が湧かないのも厳しいところです。その癖コバエはやたら湧いてくるので非常に不愉快です。彼らも生きるのに一所懸命なのでしょうが、やはり見ていて気持ちの良いものではないので殺意を抱くことがままあります。コバエには申し訳ないのですが、殺虫・防虫グッズがロングセラーとなっている事実が、人類のコバエへの対応の答えであるのだと思います。悲しいことですが、人間の社会において彼らの権利など存在しないのです。コバエを相手に自身を正当化しても無駄だと思いますが、一応断っておきます。

 

夏といえば祭りや風鈴、スイカやひまわりなどの風物詩や、どこか懐かしい香りを想起しがちです。しかしそれは美化された過去の夏であり、今私が生きている夏はかび臭く不愉快なものとなっております。まだ終わってはいませんが、おそらく良い思い出はできないと思います。ただ、とろろそばが非常に美味しい季節であるというのはプラスです。それくらいしか食べられないほど食欲が湧かないというのもありますが。

 

最後に、久石譲さんのSummerという名曲を貼っておきます。

それでは。

 

www.youtube.com

 

隻狼 クリア

こんばんは。

 

結構前に始めたクロノクロスですが、全く手を付けておりません。あのゲームには選択肢による分岐が多く、いちいちセーブデータをロードしてすべてのパターンを網羅しようとしているため、プレイすること自体が億劫になってしまっていることが理由です。

 

そこで気分転換に、隻狼をプレイすることにしました。

このゲームは、有名なソウルシリーズを世に送り出したフロムソフトウェアが制作したものです。そのため、周回要素やマルチエンディング、考察の余地の多さなどが特徴です。また、中世風なソウルシリーズとは違い、忍者や侍が刀で戦う和風なゲームとなっております。

 

ストーリーはまだ一周しかしていないため、把握できていません。不死の力を与えることのできる人物と、それを守る不死の主人公が中心となって話が進んでいき、良くない結果をもたらすこの不死の力をどうするか主人公が選ぶという感じだと思います。

 

注目すべきなのは戦闘です。HPと体幹というものがあり、HPを0にするか、敵の体幹を崩すと忍殺ができる、つまりとどめがさせるという独特なものでした。敵の動きを見て瞬時に見切ったり、弾いたり、攻撃したりして、駆け引きをしながら倒していきます。これがとても面白く、プレイ自体も楽しいし、上手く戦えるとカッコ良いです。一応手裏剣などの忍具や、奥義などもあるのですが、これらは一部のものを除いてあまり強くないので私はあまり使いませんでした。例外の場合もありましたが。

 

しかし、良い点ばかりではありません。

相手が人型の敵の場合は上記の様にとても戦闘が楽しいのですが、人外の敵となると話は別です。一転してつまらない戦闘を強いられます。人外の敵というのは牛や鬼なのですが、こいつらが相手の場合は別ゲーになってしまいます。それこそ、ダークソウルシリーズのような感じです。パターンを見つけて安置でペチペチ殴るだけ、駆け引きはありません。「このゲームでこいつを出す必要はあったのか?」と思いながら戦っていました。アクセントとしては良いのかもしれませんがやはり面白くはありませんでした。牛や鬼がソウルシリーズに出ていたのだとしたら、また感想も違ったかもしれません。

また、人が相手の場合でも、スーパーアーマー持ちににイラつくことが多かったです。

 

久しぶりにアクションゲームをやりましたが、とても満足できました。今は二週目を攻略中です。ただ、少しボリュームが物足りなかったのでDLCに期待をしています。

 

曲については正直印象に残るものがありませんでした。

なので今回はダークソウル1と3のBGMを貼っておきます。

それでは。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

鬼門 最終面接

こんばんは。

 

最近、就職活動に行き詰まりを感じます。

私の場合は、最終面接までの選考は結構スムーズに通るのですが、最終面接で落とされます。後になって、「あれは悪手だったな」と思うことが多いです。

 

結構ばっさばっさと切られるので、もう駄目なんじゃないかと思い始めています。かといって、落ち込んだり悩んだりしているかといえば、そうでもないのですが。こういった、どこか冷めていて、適当で、情熱のないところを看破されているのかもしれませんね。

 

関係ないですが、スマッシュブラザーズのプレイアブルキャラにドラクエシリーズの勇者が追加されるそうです。めでたいので、それに関する曲を貼っておきます。

それでは。

 

www.youtube.com

 

 

遺骨ダイヤモンド

こんばんは。

 

最近、遺骨ダイヤモンドが実在することを知りました。

遺骨ダイヤモンドとはその名の通り遺骨から作るダイヤです。実際は遺骨内の炭素を使って作るらしいので、もはや遺骨の原型は留めていません。ペット向けのものや、研磨していないものもあるそうです。見た目は本当にダイヤモンドそのものという感じです。

f:id:yuki6725:20190610204136p:plain

 

私は昔から宝石を含む鉱物や綺麗なものが好きだったので少し憧れましたが、私の死をビジネスに利用されているような気がして、複雑な気持ちです。そんなことを言い出してしまうと、葬式や墓も、宝石つながりでは婚約指輪すら当てはまってしまうのですが。今でこそ婚約の証はダイヤの指輪というイメージは当たり前のものですが、そのイメージを流布したのはダイヤを扱うとある企業です。

 

また、遺骨ダイヤモンドという言葉の響きもあまり良いものではない気がします。取り扱っている企業も、それを考慮してなのか「メモリアルダイヤモンド」という別名をつけていたりします。

 

死後、宝石になることができると考えるとロマンチックですが、流行ると問題も起きてきそうですね。墓荒らしとか。

 

最後に、ダイヤつながりでポケットモンスターダイヤモンド・パールのBGMを貼っておきます。このゲームは小学生の時に散々やったので、思い出補正のせいなのかほとんどの曲が良く聴こえてしまいます。

それでは。 

 

www.youtube.com

 

 ※追記

BGM単体ではなくプレイリストを貼ってしまっていたため、差し替えました。

 

 

 

 

 

 

文字

こんばんは。

 

文字とは、意思伝達の手段の一つです。

しかし、私はその文字を書くのが非常に下手で、とてつもなく汚い字しか書けません。これがまた暗号のようで、大体ノートを貸した相手は顔をしかめます。そのため一緒に解読をするのですが、たまに自分でも難しい時があります。また高校時代に、とある先生から「ゲロ吐きそうな字書いてんじゃねぇよ、使えねぇな」と冗談半分に言われたこともありました

 

そのため、履歴書を書くのにかなりの労力を使います。Webで履歴書を提出する場合もあるのですが、ほとんどの場合は手書きです。せめてコピーしたものを使いたいのですが、なかなかそうはいきません。

 

もう夜も遅いので、DQ4の夜の街のBGMを貼っておきます。

それでは。

 

www.youtube.com